オフィス家具

オフィス家具を選ぼう

基本的な話はトップページでも話しましたが、このページではさらに少し突っ込んで説明していきます。

オフィス家具の要素

オフィス家具にはデスクやソファといった種類で選ぶほか、色、デザイン、値段、形といった要素があります。そして働く人には、性別と歳と職種があります。

オフィス家具の選び方

1日の約1/3をオフィスで過ごす、いわゆるオフィスワーカにとって、オフィスの環境や雰囲気というのは重要視するべきであると思います。働きやすい環境というものが整っていれば、生産の効率も上がるでしょうし、そうでなければ、生産の効率が下がってしまいます。では、そのオフィスの環境や雰囲気を作るものというのは何でしょうか。それは大きく2つあります。

1つは、もちろんそこで働いている、人にあります。今現在、仕事を辞めた理由では人間関係による理由は最も多いのです。そして、2つ目に上がってくるのが、オフィス家具です。オフィスに設置されている家具も、少なからず環境や雰囲気に影響を与えているのです。

例をあげるとすると、視覚効果、つまり「色」です。オフィス内に赤系、黄色系の刺激的な色のオフィス家具があれば、気分が高揚して、一時的には仕事の効率は上がるかもしれませんが、そのような色の多い、オフィスに何時間も要ると、疲れてしまいます。気分を高揚させるような仕事内容であれば、それでも問題は無いと思いますが、そうでないのならやはり落ち着いた色を選ぶべきでしょう。

そしてデザインも重要です、あまりにもデザイン性に欠け、年代が古すぎるようなオフィス家具を設置しているオフィスでは、良いアイディアも中々浮かんでこないかも知れません。黙々と事務仕事のみをこなすような支社には関係ないかもしれませんが、デザイナーのようなオフィスでは困ります。

そして形も関係してくるでしょう。仕事を効率的に進めて生きたいというならば、やはりこだわるべき要素の1つです。机の天板が三角形で狭すぎるので、書類が山積み状態になってしまう。30分間座っていると、身体のあちこちが痛くなってしまうようなイス、そんなオフィスで効率を上げられるわけがありません。

仕事の効率を高めるためのオフィス家具というのは、そこで働く人の性別と歳と職種を考えた選び方が必要になってきます。このように、オフィス選びちというのは重要なことでもあるのです。

おすすめWEBサイト 5選

ポルシェの買取
http://www.crayon911.co.jp/

最終更新日:2015/6/3