オフィス家具

オフィス家具

オフィスで働く人には、そこでいろいろな家具を目にするでしょう。家具とは家にあるだけじゃなく、会社の業務に必要な物なのです。

家具を選ぶ責任

家具を選ぶのは、もちろんそのオフィスの代表者です。そのため、代表者はそのオフィスの「効率を上げるための家具」を選ばなければなりません。

1 オフィス家具について

上記にも書いたように、オフィス家具の役割は、そのオフィスの効率を上げるための道具なのです。机やイス、ソファやパーテーション、ロッカーやホワイトボードなどなどいろいろあります。これらがない時を想像してみてください。地べたに座って文字を書いて、コピーは一枚一枚コンビにまでいって・・、これではとても効率がいいとは言えません。つまり、会社にはの家具は快適に過ごすものであるのと同時に、仕事の効率を上げるための必需品だと言えます。
ソファなどの家具をお探しでしたらこちらの高品質で激安のソファがオススメです。

その会社に最適だと言えるオフィスを作る上でオフィス家具は重要な位置を占めます。オフィスで使用する家具はいろいろありますが、最低限でも机にイス、収納家具でしょうか。大抵のオフィスにはこれらがあると思います。今回はパソコンは、仕事内容によっては、業務必須道具なので、外して起きます。そこに、あると便利な家具、つまり効率をさらに上げるための家具としてパーテーション、応接家具、ホワイトボード、傘立て、ロッカーなどが含まれます。また誰もがもっている「名刺」にも気を配りたいところ。
高品質・高耐久なホワイトボードを低価格でお探しなら、耐久性に優れたホーロー製ホワイトボード、屋外掲示板がオススメです。

ところであなたのオフィスはこのいろいろなオフィス家具を何を基準として選んでいるのでしょうか。もちろんオフィス家具は「効率を上げるための家具」ですから、それが1番に来るべきなのですが、価格やサイズ、形状などいろいろの制限や好みがあります。これらオフィス家具について基本的なことを説明していきますので、参考になれば幸いです。

2 選ぶ基準

オフィスの雰囲気やイメージは、使用するオフィス家具によって、良さそうな雰囲気(明るい雰囲気)から悪そうな雰囲気(暗い雰囲気)まで大きく変わってきます。一般的なオフィスは、ニューグレート呼ばれている、薄いグレーの色の家具がほとんどで、無機質なイメージを与えます。最近の傾向では、オフィスデスクやカウンターの天板や書庫の前面を木目調にして、ソフトなイメージになるようにするケースも増えていますし、SOHOを中心として木製の家具も増えてきているのですが、みなさんのイメージではまだ、「一般的な」オフィスというと無機質なイメージがあるのではないでしょうか。

基本的に無機質な色というのは、落ち着いたイメージを与えるというより、機械的なイメージを与えます。しかし、それに対して最近のはイスのカラーもブルーやブラックといった落ち着いた色だけではなくソフトなトーンの色も以前より使われています。また、長時間の間、座ったまま仕事することも考えた、人間工学的(エルゴノミクス)に優れた商品が増え、長時間のデスクワークにも体に負担がかかりにくくなっています。

このような商品もいいと思いますが、どちらにしても、レイアウトや家具を選択するときは、オフィスに求めるイメージは明確にして、選びましょう。また、大きさやサイズなども考える必要もありますし、まず、予算が足りなければどうしようもありません。これらいろいろを照らし合わせて専門家に相談するのも、1つの手段です。

recommend

Last update:2017/4/27